ロゴ
HOME>Review>スキンケアアイテムで乾燥肌対策【化粧水選びのポイントを伝授】

スキンケアアイテムで乾燥肌対策【化粧水選びのポイントを伝授】

化粧水

乾燥肌対策を行なう方法として化粧水や乳液などを用いる方法が基本的ですが、自分に合わない基礎化粧品を使用しても効果は得られません。どういった化粧品で効果が得られたのか口コミを参考にすることをおすすめします。

クチコミ

エステのプロが開発した化粧水が効果的[30代/女性]

行きつけとなるエステサロンのスタッフさんの肌のハリ、なめらかさ、柔らかさの理由を知り、現在、化粧水による効果をしっかり実感しています。これまでは、頬や口周りがカサカサしていて、お肌の曲がり角の30代、乾燥肌に悩んでいました。角質のバリア機能も低下ぎみで、アレルギー反応も出やすい肌、生活習慣も乱れがちでしたし、正直、スキンケアも疎かでした。バリア機能を高める化粧水で対策する理由としては、エステ界で研究から開発、販売まで行っていて、保水力を高める成分を配合したものが選べるからです。美容・健康、両方の知識と技術を兼ね備えたプロが作っているので、深刻な乾燥悩みとなる小じわも目立たなくしてくれます。刺激に敏感でもあって、乾燥レベルも超がつく肌だったので、刺激レスであったのも効果に繋がる要素でした。外から補う化粧水なのに、浸透力の良さがあり、内側から漲るようにみずみずしいハリ肌が作れているのは、化粧品と違う魅力だと感じています。

成分は調べてから選ぶと良いですよ[30代/女性]

30代でも、前半と後半では肌悩みも徐々に深刻化してくるので、基礎化粧品での対策は必要です。巷でも話題となるのはエイジングケア製品で、肌代謝に着目している化粧水も沢山出回っていて、迷うほどです。セラミドであったり、エラスチンやヒアルロン酸、コラーゲン配合だったりなどが謳われているものの、こうした成分はしっかりリサーチすることをお勧めします。乾燥肌は、保水力や保湿の機能が低下していたり、もちろん、ストレスなどの生活習慣だったりも少なからず影響しています。だからといって、オイルを塗れば改善されるわけではなく、逆にもっと乾燥したり、吹き出物ができたりするトラブルも経験済みです。経験から言えるのは、ボタニカルオイルでフタをするのはよい方法ですが、大事なのは、浸透や定着する成分なのかです。低分子化した保湿成分を含んだり、元々、体にある成分を含んだりしている化粧水を選ぶのも大事です。また、なるだけアルコールフリーの化粧水を選ぶのがお勧めで、と言うのも、アルコールが蒸発する時に肌の水分まで奪ってしまって、乾燥が加速した経験があるからです。